研究成果・調査レポートなど
本研究センターで行っている研究内容を紹介します。
速報:釜石が繋いだ未来への希望 −子ども犠牲者ゼロまでの軌跡−
 平成23年3月11日(金)14:46 太平洋沖にてM9.0という超巨大地震が発生し、それに伴う巨大津波の襲来によって、東北地方を中心として東日本の太平洋沿岸全域が甚大な被害に見舞われました。この度の災害で犠牲となった方々に対しましてお悔やみ申し上げます。また、ご遺族の皆様に対しましてお見舞い申し上げます。今なお、多くの方々が行方不明のままであり、ご家族の方のお気持ちを察すると、胸が痛む思いです。また避難された方も寒さや食料不足により、不便な生活を強いられており、大変なご苦労が続いていることと思います。そして、福島原発の問題や電力不足による計画停電が実施されていることもあり、直接の被災者だけでなく、多くの日本国民が不安な思いでいることと思います。
 しかし、このように甚大な被災の現場において、奇跡ともいうべき見事な対応によって、多くの命が救われた地域がありました。それは岩手県釜石市です。被災後数日間、全くと言ってよいほど地域の被災状況が報道されなかったこの街で、子どもたちは教えられた通り、いやそれ以上の対応をとることで、巨大津波から無事に生き残りました。釜石市ではこの度のような大津波の襲来を想定して、学校における津波防災教育を熱心に取り組んできました。その結果として、釜石は地域の財産であり、未来への希望である子どもたちを津波から守ったのです。
 不運にも数名の子どもたちが犠牲となってしまっており、またこれだけ多くの方々が犠牲になっているので、手放しに喜ぶことはできません。しかし、暗く悲しい、そして不安をかき立てるような報道が多い中で、少しでも希望の光をこの国に届けることができればと思い、子どもたちが成し遂げたことの経緯と、被災時の様子を紹介したいと思います。そして、あれだけの巨大津波に対しても、日頃からしっかりと備えておくことができれば、犠牲者ゼロは不可能ではないんだ、ということを、今後大きな地震の発生が危惧されている地域の皆さんにお伝えしたいと思います。
 本来であれば、この情報は、釜石市の防災・教育関係の現場の皆さんが発信するべきことは重々承知しています。しかし、今彼らは被災後のつらく苦しい状況で、まさに死力を尽くして対応にあたっています。そんな彼らの励みになればと思い、これまで釜石市と一緒に防災教育を推進してきた者の一人として、彼らに変わり、被災後間もないこの時期に、この奇跡を報告させていただきます。
平成23年3月20日
群馬大学広域首都圏防災研究センター長・教授 片田敏孝
追伸:釜石市の児童・生徒への進学・就学支援に対するご協力、ありがとうございました。
    引き続きのご支援、ご協力をお願い致します。(平成23年6月10日更新)
釜石小学校下に津波が襲ってきた様子
(自動車が簡単に流されている)
釜石小学校下の被災後
(左写真とほぼ同位置)
津波によって被災した唐丹小学校
ここでは、これまでに釜石市で行ってきた津波防災教育の内容やその実施理念を紹介します。
また、釜石市で作成した『津波防災教育のための手引き』も閲覧することが可能です。
ここでは、平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う津波襲来時における小中学生の避難状況を報告するとともに、
先進的な取り組みを実施してきたいくつかの小中学校について、これまでの防災教育内容とこの度の津波襲来時の対応について詳細に紹介します。
ここでは、釜石市の中でも特に熱心に津波防災教育に取り組んでこられた鵜住居小学校と釜石東中学校における被災前の活動内容と津波襲来時および被災後の子どもたちの様子を紹介します。
ここでは、釜石市中心部に位置する釜石小学校について、被災前に行っていた防災教育内容と津波襲来時の子どもたちの様子を紹介します。
ここでは、釜石のいくつかの湾について、どの程度の津波が襲来したのかを、津波襲来前の写真と照らし合わせたりしながら紹介します。
本研究課題は、災害社会工学研究室が担当しています。 災害社会工学研究室HPはこちらから
交通案内
リンク
当サイトのご利用にあたって
copyright Reseach Center for Disaster Prevention in The Extended Tokyo Metropolitan Area,Gunma University,all rights reserved